注文住宅の総費用とは

住宅を建てるにあたり、様々な費用が発生しますが、その生じる費用を総括して「総費用」といいます。この総費用とは、「本体工事費用」と「別途工事費用」と「諸費用」の三種に分けることが出来ます。この「総費用」の中には土地代は入らないので注意してください。

内訳として、本体工事費用は総費用の約7.5割~8割、別途工事費用は約1.5~2割、その他が諸費用に当てられます。例えば、本体工事費用として2,000万円の家を建てようとすると、別途工事費用として発生500万円が発生します。そのほかに諸費用がかかるというわけです。諸費用については個人の状況や建物の規模によって変わりますが、プラス本体工事費用の7%くらいを見込み、見積のが良いでしょう。

「本体工事費用」その名の通り、家そのもの、建屋を作る費用のことを指しています。「別途工事費用」とは、例えば、水道引き込み、庭、エアコン・照明・カーテン取り付けなど、建物にプラスαしなければ住むことが難しいものの取り付け、工事をする費用のことです。諸費用とは、主に税金・引越し代・保険料など、ものには残らないが絶対に必要なお金のことを指します。「何千万円の建物」といってもそれは、総費用のうちの「本体工事費用」ですので、そのほかに様々なお金が生じるということを認識しておきましょう。

注文住宅の金額を検討しよう

実際に一戸建ての住宅を一から希望に任せて建築する、となるとかなり金額がかかるのは避けられないところがあります。この点をどのようにされるのか、ということは個人の考え方によるところが大きいといえます。当サイトでは注文住宅の金額面や予算をどのようにするべきなのか、ということを具体的にご紹介していますので、ぜひその点を検討をされることをおすすめいたします。注文住宅については、実際に金額的な負担を考えておかないと、選べなくなってしまう部分も多くございますので、その点については十分に考慮をされるようにすることをおすすめいたします。

注文住宅について、どのような点を優先するべきなのか、ということはその人の判断と価値観に影響されてしまう部分がありますので、ぜひその点も十分に検討をされておくようにすることをおすすめいたします。注文住宅について、十分に優先して判断しておかないと、なかなか決めきれない部分も発生してしまいますので、その点も十分に考慮をされておくようにするとよいでしょう。注文住宅について、何を優先して対応をするべきか、ということを知っておくようにするだけでも、判断基準を広げていくことができますので、ぜひその点も考慮して、注文住宅では、どのような金額、予算を準備すればよいのか、ということを知っておくようにすることをおすすめいたします。銀行のローンや頭金の問題も残るだけに、注文住宅では御自身でどこまで金額的な負担を認められるのか、ということを考えてみてください。